包茎矯正グッズ一覧
包茎治療グッズ キトー君 実績ナンバー1!
変化が無かったら全額返金で安心!
真性包茎矯正具 無段階調整付 ムケル君 朝と夜に30分間使用で劇的な変化が!?
仮性包茎矯正リング【マイラップ】 国内でもっとも使用されている包茎矯正リング。

仮性包茎を自分で治す

自分で治しやすいのが仮性包茎です

仮性包茎は包茎の中でも自分で治しやすいとされています。指で皮を引っ張って亀頭を露出させることができれば仮性包茎ですが、かぶった状態で皮の先のほうが細くなっていたり、むいたとき亀頭と陰茎のつなぎ目のところが締め付けられているように見えれば、カントン包茎である可能性もあります。その場合は、カントン包茎の項目もご覧ください。仮性包茎を治すには、かぶっている皮にむき癖をつけることが大切です。一度癖がついてしまえば、亀頭の上に余った皮も徐々に縮んでほどよい量になり、ふたたび包茎になることはありません。
しかし、そうなるまでに時間はかかりますので、心して取り掛かりましょう。自分で治す仮性包茎治療は亀頭を刺激に慣れさせることから始めます。より清潔さを保つためにも、包茎のむき始めはお風呂がよいでしょう。亀頭が全部露出するところまで皮をむき、その状態を維持します。その際、多少痛みを伴いますので、その痛みがきつい場合は皮を元に戻し、毎日少しずつ亀頭の露出時間を長くしていくとよいです。
無理に続けると炎症を起こしてしまうこともあります。包茎にかぎらず皮がむけるときは誰でも痛みを感じるものなので、そこは頑張ってください。パンツをはいた状態で、むいていないのに亀頭に痛みを感じるようになれば、意識してむかなくても皮がかぶらなくなったということであり、包茎でなくなる日も間近です。亀頭は刺激に慣れれば痛くなくなります。


包茎治療を自分でするHOME >  仮性包茎を自分で治す