包茎矯正グッズ一覧
包茎治療グッズ キトー君 実績ナンバー1!
変化が無かったら全額返金で安心!
真性包茎矯正具 無段階調整付 ムケル君 朝と夜に30分間使用で劇的な変化が!?
仮性包茎矯正リング【マイラップ】 国内でもっとも使用されている包茎矯正リング。

真性包茎・カントン包茎を自分で治す

自分でできる包茎治療、まずは仮性包茎に

真性包茎カントン包茎を自力で治すには、それらの包茎を完全な仮性包茎の状態にすることから始めます。どちらの包茎も包皮口が狭いため自分でむくのが困難なのです。ですから、まずは包皮口に広がり癖をつけます。
仮性包茎の包皮口程度の広さになるまでに真性包茎の場合で早くても2ヶ月くらいかかります。広げる方法は包皮口に指を入れ、左右に軽く引っ張ります。フックのような感じですね。指が入らなければ片方ずつでも構いません。皮膚というのは伸縮性に優れているので、そうして伸ばしていくのです。亀頭を露出させようと急がず、あくまでも仮性包茎を目指すようにします。
真性包茎は菌が繁殖しやすいので、より丁寧に扱わなければならないのです。皮を広げ亀頭が外気に触れるとひりひりすることがありますが、少しの痛みなら普通なので大丈夫です。しかし、むこうとすると激しい痛みを感じるときはすぐに自力での包茎治療をやめ病院に行ってください。皮が癒着している可能性があります。
ピンホール真性包茎のような極端に包皮口が狭い場合も、自分での包茎治療は難しいでしょう。カントン包茎の場合もやり方は同じです。しかし、指が入らないくらい締め付けが強いのであれば、やはり病院に行ったほうがよいでしょう。基本的に真性包茎とカントン包茎は、仮性包茎の状態にする訓練ができれば、その先も自分で包茎治療ができるといえます。

包茎治療を自分でする >  真性包茎・カントン包茎を自分で治す >  真性包茎・カントン包茎を自分で治す