包茎矯正グッズ一覧
包茎治療グッズ キトー君 実績ナンバー1!
変化が無かったら全額返金で安心!
真性包茎矯正具 無段階調整付 ムケル君 朝と夜に30分間使用で劇的な変化が!?
仮性包茎矯正リング【マイラップ】 国内でもっとも使用されている包茎矯正リング。

自分でできる包茎治療のデメリット

包茎治療は根気よく諦めない

自分でできる包茎治療のデメリットはいくつかありますが一番は、効果が表れるまでに時間がかかることでしょうか。早く包茎を脱したくても、毎日根気よく、同じ行為を続けていかなければ包茎は改善されません。ダイエットと同じ原理です、気持ちと効果がなかなか比例してくれないので、ついめんどうになって包茎治療をやめてしまいやすいのです。さらに、人によってはかえってそれがストレスになってしまうことさえあります。自己包茎治療とはこんなものだ、と受け止め、焦らないで進む姿勢が大切です。そして意識して気をつけなければいけないデメリットは、不衛生になりやすいことと、自己判断の危険です。とくに慣れてくると油断が生じやすいのは、包茎治療も同じです。包茎治療は必ず清潔な手で行い、器具などがあればこまめに洗いましょう。また、たくさんむくことは大切ですが、頑張りすぎると性器に傷をつけてしまうことも多いので、要注意です。もし炎症が起こってしまったらいったん包茎治療は中止し、病院に行きましょう。炎症をほうっておくと癒着やピンホール真性包茎の原因になる可能性もあります。そうなってしまうと手術でしか治せません。炎症や癒着を起こしているときは、自分での包茎治療は避けましょう。どんなに包茎について調べたからといっても、やはり素人です。間違ってしまうことはあります。多少の失敗も受け入れ、今後の包茎治療に生かせればよいのです。

包茎治療を自分でする >  自分でできる包茎治療のデメリット >  自分でできる包茎治療のデメリット